2013年8月アーカイブ

薬剤師の現状として、薬剤師は不足している、と言われていますが、2014年に誕生する事となる新薬剤師の存在により、今後、薬剤師は飽和状態にあり、尚 且つ失業時代も来る、といわれています。 実際は、薬剤師の状況として、薬剤師が充足している地域と不足している地域が存在し、不足している地域は、今後ももしかすると不足のままという事もありえ ますし、充足な地域では、6年制の薬剤師の存在が無い今でも、実は飽和状態になり、尚且つ失業時代とも言われている、という事も確かです。

今回は、薬剤師が不足しているという事を前提に、募集について紹介していこうと思いますが、薬剤師が不足している中で、薬剤師の求人や採用は、重要な問題です。 薬剤師の募集には、いくつかの方法が存在しますが、昨今は、主に、求人サイトでの募集が主流となっています。

薬剤師の募集方法は、ハローワークをはじめとして、人材紹介会社、もしくは、派遣会社等があげられますが、中には知り合いの紹介により募集を知るというケースもありますし、求人情報サイトを利用する薬剤師さんも非常に増えています。 もちろん、中には、新聞や雑誌の求人広告を見て、募集を知るという方法もありますし、各企業におけるホームページなどで募集をかけるケースもあります。 更には、薬剤師を紹介している会社も非常に多く存在し、利用する会社自体も非常に多いと言えるでしょう。

募集方法の特徴を考えてみると、ハローワークは、無料で利用できる事となりますが、主にこの場を利用する事には、高年齢の募集に有効という傾向にあり、退職された方々対象になっている募集が多い。 その点、人材派遣会社等は、条件を事前に申告して、その条件に合う人を紹介してもらえ、尚且つ採用した場合には手数料がかかる事となりますが、採用しない場合は手数料がかからないシステムになっています。

求人情報際とは、主に、30代前後の転職で、一番利用されている媒体と言ってもよいサイトで、効果のあるサイトというのは、非常に限られるため、サイトを利用する会社、企業にとっても、その見極めが重要となると思います。 古くからある、新聞や雑誌の求人広告は、広域での募集と考えると、この方法も効果的とはいえるものの、地域に限り募集をする場合は、募集するにあたりコスト面が非常に高い募集となります。

最近は、募集における人気というものは、薬剤師求人情報サイトに押されている傾向にあり、新聞や雑誌での求人の掲載は効果が薄く人材を集めるのには難しいといえるものです。 このように薬剤師を募集するにあたり、募集をどこからするかにより、求める人材を探せるか否かが決まるともいえるので、募集をかける際にも、きちんと各会社、方法を比較、検討するべきといえるのです。

明日からキャンプに行くというのに、まだあんまり準備してません・・・(汗)。

 

とりあえず車に積めるモノは積んだのですが、まだ細かいものとか、食材とか、衣類とか、全然用意できてません。

じゃあブログなんかやってないで準備しろ!って声が聞こえてきそうですが(笑)、とりあえず無視。

いま洗濯もしている最中なので、のんびり準備します~。

 

今回行くのは埼玉県の長瀞。

じつは4年くらい前にも長瀞に行ったのですが、今回は妹家族と両親も一緒なので、にぎやかになりそうです。

本当は同僚の薬剤師仲間と行こうと思ったんですけどね~たまには家族もいいかと思って断りました(笑)。

 

でもそうなると自分で準備しなきゃなので、それはそれで大変なのですが、まあ家族サービス?です。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク